[stage] 長編小説・書き物系

eine Erinnerung aus fernen Tagen 〜遠き日の記憶〜

悲劇の少女―第1幕― プロローグ

 十年前の事だった。
この世界の南方の大陸に突如、空前の大災害が襲った。
大陸を破壊し尽くし、国家を壊滅させ、
人も動物も植物も、ありとあらゆるものを、地上から消し去った。

 その惨状はとても、この世のものとは思えぬものだった。
大災害の影響からか、西方海域と呼ばれる巨大な海域で発生した、
猛烈な海流は、航路を寸断し、大陸をも引き裂いた。
大陸は以後、いかなるものをも遠ざける「死の大陸」と呼ばれた。
近隣の大陸も、ほぼ壊滅的なダメージを受け、国は荒れ果てた。

 生き残った人々は、この惨劇を、「悲劇」と、
言いようのない、悲しみと痛み、怒りを込めて呼んだ。

 人々の間では、この「悲劇」にまつわる、
様々な噂が飛び交った。
その中で、人々が怒りを向ける対象として、
この「悲劇」に密接な関わりをもった者の噂が広まった。

 その者の名を人々は、「悲劇の少女」と呼んだ。
その噂は、混乱に満ちたその大陸で一瞬の間に広まるものの、
その者を見たという者は、誰一人として存在しなかった。

 時は流れ、次第に心の傷も癒え、
元の街並みを取り戻し、人々の記憶から、
「悲劇」の惨状は忘れ去られようとしていた。

 そして、今。
世界の西方の小大陸、スフィーガル。
その地で、人知れず、運命の歯車が再び、
ゆっくりと回り始めようとしていた。

'2008/12/05 edited ('01/09/22 written) by yukki-ts next to